ロマンチック&ハプニング

ブラックショートブーツパラダイス

ベルリンで感激してしまったことのひとつが黒のショートブーツの種類が豊富にあることでした。

 

ベルリナーはショートブーツが大好きらしいです。
お店にもいろんなタイプのショートブーツがあってびっくりしました。

ヒールの高さ、デザイン、トレンドのデザインからベーシックなものまで
わたしにとってのパラダイスですね。

黒のショートブーツは住んでいる人からしたら当たり前すぎて
そんなこと気づかなかったよって言われてしまいました。
なんで好きなかなっていろんな人に聞いてみら

 

日本よりも緯度が高くベルリンは寒い。

雲が分厚く冬は太陽の光が届かずどんよりとしているらしい。

太陽の光がこないので寒く鬱々としてしまうそう。越冬対策で太陽光のライト浴びたり、ビタミンDのサプリを摂取する人もいるようです。ベルリンは寒い。だからブーツが必要だ。

 

石畳

大きな通りは基本的にアスファルトで整備されているが、一本路地を入れば昔ながらかつ工事途中かよと言わんばかりのばりばり歩きにくい道がそこら中にある。

だから底裏のしっかりしたブーツが必要なんだ。

カツカツピンヒールで街を歩いている人は一人も見なかったな。

 

 

パンツスタイル

ドイツはパンツスタイルの印象が強い。女性が強い。女性の権利と闘った女性たちはパンクロックなファンションで全身真っ黒だったりする。かっこいい。

パンツスタイルに合わせるならやっぱりショートブーツがシックだ。

 

 

無難

スニーカーのような気軽さで暖かい靴となると、もはやショートブーツ一択しか無いようにも思えてくる。

トレッキングシューズとかいろいろ他にも選択肢はあるけどね。

足元は黒ならなんでも合わせられるし、ボリュームがあるほうがバランスがいい。

上はもこもこしてくるから足元は存在感のあるショートブーツがちょうどいいのはもはや当然か。

 

それにしてもベルリンのショートブーツの種類の多さには感動したのでした。

 

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事
No articles