ロマンチック&ハプニング

ボーイフレンド変身企画に弟を推薦しました。

こんばんは、NOZZYです。
こんなに雑誌の発売を楽しみにしていたのは高校生ぶりの感覚です。
5月、よなよなfacebookをみていたら、あなたのBFおしゃれにします♥企画にピンときたので、彼氏じゃないけど弟を応募したら200人を超える応募の中から選んでいただきました。

 弟のファッション本気で何とかして欲しいと応募

まさかの1次審査を通過。
なかなか個性的なファッションが巷で話題の彼ですが、
面談で編集長の中島さん、スタイリストの島津さんという
豪華なお二人に「ほんものがきちゃったな〜」と言われながらも、
弟のファッションを理解しようと話しを聞き、面白がっていただきました。

面談の印象は予想とちがい肯定的で、
天狗下駄も体幹を鍛えるものと伝えるとえらく感心していただきました。
正直だいぶ困惑し、これは完全になめられているとさえ思ってしまいました。
前の面談の人が次の撮影のお話してたので、
検討して連絡すると言われ我々はやはり個性が強すぎたか。と弱気になる姉。
しばらくたっても音沙汰なかったので、連絡ないよと伝えた次の日くらいに

撮影のお知らせの連絡が!仕事中なのに興奮してしまいました。

 

どきどきの撮影当日
プロの現場に潜入すると思うとわくわく&緊張、エレベーターが開いた瞬間、真っ白な眩しいスタジオにいたことはなんだかいまとなっては夢のようでとってもたのしかったです。

ヘアメイクで髭を剃って、ファンでもつけてと変身する弟ににやにや。

彼の流行にとらわれないマイウェイスタイルは、
ファッションを仕事にしているプロに響いたようで、

 弟のあまりにも個性的な組み合わせは、
ファッションが自由であることをあらためて教えてもらった!とか、
「タッパがあって胸板があついからプロ魂くすぐられる」、

「サラリーマン家庭に属さない、野島家の芸術一家の血を私と弟から感じた」などべた褒めされてのせてもらい気分良くなる姉弟。

ファッションはもちろん社会性も必要だけど、

そもそもが純粋であるもの、普段は仕事柄、社会性や流行のファッションが重だけど、そもそもファッションって自由なものだったよねって思い出させてもらったと編集者の中島さんから、嬉しいお言葉を撮影の合間にたくさんいただきました。感動!

 2つのコーディネートを用意していただきました。
両方着てみてテスト撮影、スタッフのみなさんでどっちがいいかを選ぶことに、
選んだのは、ベロアのカットソーに柄物の変形シャツにワイドシルエットのスラックス、ヒールブーツという初めてずくしのアイテムばかりの大人っぽいセクシーなコーディネート。
古着好きも汲んでおしゃれ上級者のコーディネートを用意していただきとってもうれしかったです。
筋肉があるので、サイズが限られるので大変だったと聞きました。
はじめてみるゆったりとしたシルエットとグレイッシュのトーンでまとめられた大人セクシー。いいじゃん!笑
弟の体格も活かしたリラックスな余裕な雰囲気もありつつ、ストール柄の変形シャツで優雅な印象です。
私には選べない大胆なスタイリングはいい経験になりました。

ファッションの個性と社会性
今回の撮影を通して私のファッションへの考え方が少し変わりました。
弟の服装は誰もマネできないスタイルです。
アメリカのオーフドスクールのエッセンスと、スポーツマンの要素が
相まって、彼にしかだせないバランスで成り立っています。
ファッションは人とのコミュニケーションのひとつだから、
この個性全開のファッションは

もっと社会性を考えるべきだ、というのが私の意見。

独りよがりなファッションは、協調性がないというか、
みていられないイタさがあります。

でも今の時代、流行なんであってないようなもので、
流行のサイクルがぐちゃぐちゃになってしまっている現代は、
流行にとらわれない人の方が消耗されず強い存在でもあると思います。

そうかんがえると、彼のファッションはおもしろいし、
そもそもファッションを否定してはいけないと思うようになりました。
やばいと思っていた弟のファッションも、
周りにそんなファッションいいんだ?!といった勇気や笑いをさそえるセンスは、
もはや才能なのかと思ってしまう姉でした。
でも一緒にいるひとはある程度の社会性があるバランスのとれたスタイルだと一番いいですよね。
 

GINZA編集部のみなさんはみんなおしゃれで優しくてかっこよかったです。
そして素人にまるまる1ページつかっえる大胆さ、GINZAますます大好きになりました!

イケメン特集のGINZA8月号、
コンビニや書店、美容室などで出会った際は、
ぜひご覧くだせいませせ。

THIS ISSUE:GINZA8月号『いま誰に恋してる? BOY’S ISSUE』特集

GINZA(ギンザ)2017年8月号[BOY’S ISSUE いま、誰に恋してる?]

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA