ロマンチック&ハプニング

ルー・ヤン展 電磁脳神教 - Electromagnetic Brainology

こんにちは、Nozzyです。

いま青山のスパイラルホールがやばい!

人間のような神様のような映像と日本のサブカルやアイドルと脳みそ。
カルト的な世界観と強烈な色使いにお口ぽかんになり、身体に力が入らなくなりました。
強烈!だけど不快な感じがしない不思議。カオスです。

やばいやばいと連呼していて自分の語彙力のなさに情けなくなりますが、
この超やばやばな展示をスパイラルで企画されていることに驚きました。

私の持っているスパイラルのイメージにアングラやサブカル的な要素はないので。
2階のショップはいつもどおり穏やかにおしゃで平常運転。
その温度差が今回の展示の強烈さや通常でないことを教えてくれます。

 

スパイラル発行のフリーペーパー、
Spiral Paperでチーフキュレーターの大田佳栄さんがこのような文章がありました。

 

「スパイラルに、ド派手なアーティストがやってくる。ミレニアル世代を代表するメディアアーティスト、生粋の上海っ子のルー・ヤン(陸揚)だ。来日時は秋葉原と中野に足繁く通い、日本のサブカルチャーについて語らせれば、マニアも唸る詳しさ。アニメの話になると目をキラキラさせて、“アングラ”に話題が及べばいたずらっ子のような笑いを浮かべて、言う。「That’s cool」情報処理能力が極めて高いデジタルネイティブ。スピード感のある仕事ぶりに、世界への広がりも速い。これは新しい時代のうねりだ。この潮流に巻き込まれたい…との興味からスパイラルでの個展が実現することになった。

人の顔や体(本人のポートレイトを素材に、感情や性的特徴を一切消したもの)をモチーフにした多彩な映像やインスタレーションの数々に口を開けてしばらく呆然とする人もいるだろう。もてあそぶかのように、無造作に扱われる人間の身体に目を伏せるひとも想像できる。でも、彼女は批判を受けたくてそうしているのではないし、むしろ素直な思いで表現に向かっているにすぎない。元来敬虔な仏教徒である彼女は、人の世の輪廻転生を実感し、自然を愛おしみ、平和を慈しんでいる。人間社会は、人の体を容れ物とした清らかな魂の集合体で、見目形、立場、性、年齢、国籍といった身にまとったものすべて、人間があとづけした“枠組み”であることを強調する。生も死も淡々と繰り返される現象であり、軋轢から生じる心折れそうな出来事ですら、たいしたことないよ、人ってそんなもんだからさ、とポジティブに笑いかけるようだ。

そこには、ちょっとした宗教的な作用がある。本来、平安を求めるために発展してきた宗教は、長い歴史としがらみと勢力圏拡大によって、争いの種になることもしばしばだ。繰り広げられる対立に辟易してきたルー・ヤンは、既存の神に寄り添うことから脱して、自分たちが本当に心を寄せられる、新しい信仰のかたちを提案しようと大胆な手に出て、この展覧会を計画した。テクノロジーとアイドルやアニメなどの日本のサブカルを二次元、三次元まぜこぜにしたカオス。無秩序に見えつつ計算された構成と、LOVE&PEACEHENO強い願い。一貫して派手を突き通す彼女の作品から目をそらさずじっと見ていると、現代の若者たちの気持ちを代弁するような優しさが垣間見えてくることだろう。二度と目にすることのない強烈さ、ご期待あれ。」

引用元:Spiral Paper no.145より

一部抜粋しようとしたのですが、抜粋できず全部載せてしまいました。

世界に広がるスピードはどんどん加速しているし、それは誰も止められないんだなと感じたし、新しい時代のうねりはその場にいて強く感じました。

 

日本のサブカル、アイドルに詳しい米原さんとの対談も興味深いです。

【FEATURE】 米原康正 × ルー・ヤン 対談 Interview: Yasumasa Yonehara × Lu Yang Link in bio. . 中国・上海を拠点に活動するニューメディアアーティスト、ルー・ヤンが日本初の大規模個展 「電磁腦神教 - Electromagnetic Brainology」を @spiral_jp で開催中。 日本のサブカルチャーの影響を受けて育ち、これまで日本国内でも何度か個展を開いてきた @luyangasia と、頻繁に中国を行き来し、現地のアート事情にも明るい @yone69harajuku が彼女のバックグラウンドや思考、中国の現状について語る。 . #yone #yasumasayonehara #luyang #art #contemporaryart #newmediaart #newmediaartists #millennials #spiral #spiralgarden #artgallery #gallery #exhibition #soloexhibition #japan #tokyo #china #shanghai #米原康正 #ルーヤン #スパイラルガーデン #東京 #上海 #アート #現代アート #ニューメディアアート #個展 #エキシビション

Atelier506 羽化登仙さん(@atelier506)がシェアした投稿 –

米原康正 × ルー・ヤン 対談


日本語は漫画で覚えたそうで、日本のサブカルに詳しすぎる。。
日本のアイドルについての話が面白かったです。

米原-今のアイドルシーンって、精神的に病んでる子たちが敢えて視線を浴びるっていうすごい屈折した状況でアイドルが成り立ってたりするのが結構あるのね。ああいうのってカウンターカルチャーだと俺は思ってたんだけど、すごい商売になったからもうエンターテインメントに変わっちゃったのよ。


ただきれいなだけじゃない強烈な世界観にやられました。

そしてエネルギー消耗しました。!


ルー・ヤン展 電磁脳神教 - Electromagnetic Brainology

画像引用元:http://www.spiral.co.jp/e_schedule/detail_2407.html

神、脳、宗教、そしてアイドルをモチーフにアニメーションや3DCGを駆使して強烈なインパクトの映像世界を作り出す気鋭のアーティスト、ルーヤンの日本初大規模個展!

開催概要

ルー・ヤン展 電磁脳神教 - Electromagnetic Brainology
会期 2018 年 1 月 5 日(金)~1月 22 日(月) 会期中無休 11:00~20:00
会場 スパイラルガーデン(スパイラル1F) 〒107-0062 東京都港区南青山 5-6-23
入場 無料
お問い合わせ TEL 03-3498-1171(スパイラル代表)

ルー・ヤン(Lu Yang/陸 揚)プロフィール

1984 年、中国生まれ。2010 年に中国芸術院を卒業し、現在は上海を拠点に活動。科学、生物学、宗教、大衆文化、サブカルチャー、音楽など、さまざまなテーマを主題とし、映像やインスタレーション、デジタルペイントを組み合わせた作品を制作。近年の主な個展に「ポート・ジャーニー・プロジェクト 横浜⇆上海 ルー・ヤン展」(象の鼻テラス、神奈川、2016 年)、「LU YANGScreening Program」(アーツ千代田3331、東京、2013 年)。グループ展に「ヴェネツィア・ビエンナーレ」(2015 年)、「A Shaded View on Fashion Film」(ポンピドゥーセンター、パリ、2013 年)などがある。
引用元: http://www.spiral.co.jp/e_schedule/detail_2407.html

 

 

◆ ◆ ◆

SNSでも日々の出来事更新中!
twitter : @NozzyBeefJerky
instagram : @bynozzy
Facebook : By NOZZY

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA